沈黙の臓器である肝臓

肝臓はよく沈黙の臓器と言われます。これは肝臓に神経がないからです。多少の事で痛みを発しない臓器という事を理解しておきましょう。つまりすでに肝臓は悲鳴を上げるほど弱って いる可能性も否定できないという事です。もし、痛みなど肝臓に自覚症状が出てしまった場合には相当悪い状態であるという事になります。

肝臓が弱っている時に出る自覚症状も、他の事が原因ともとれるような症状であることも多いです。例えば体がだるくなったり食欲がなくなったり微熱があったりする場合もありますが、それが肝臓のせいだと把握できず、体調を崩した、疲れているなどと勝手な判断でほったらかしにしてしまう可能性も少なくないのです。

元々、肝臓は強い臓器です。何も言わずに私たちが自覚していない間、しっかりと仕事をしております。少しぐらいの障害が起こっても細胞の再生力も強いため自分でカバーして仕事を 継続的に熟してくれる臓器なのです。肝臓に障害が起き細胞が死んだとしてもすぐに再生して元通りの仕事を続けてくれるのです。

我慢して我慢してもう限界と言う時にサインとして出しており、さらにそのサインも見逃してしまいがちなケースも多いという事なので注意深く観察しておかなければ取り返しがつかな くなってしまう臓器という事を知っておきましょう。

肝臓からのサイン、症状

一番分かりやすいのは黄疸ですが、肝臓が悪ければ必ず出る症状と言う訳ではありません。尿が濃くなったり、黄色になったり便が白くなったりします。また爪も白くなったり掌が赤くなったりと肝臓からのサインは様々なです。ただし、痛みなどのサインは少ない為なかなか危険信号だと理解することが難しいのが現状です。

しかしながらこれらの症状が現れたときにはかなり深刻な状況である事に変わりありません。少し体調を崩しただけだと考えがちの症状も多いですが肝臓からのかなり深刻な状況を示すサインである可能性もあるのです。少しでも変化が見られたらすぐにでも病院に行きしっかりと検査し診断を受ける必要があります。とにかく深刻になってから現れる要注意な臓器が肝臓なのです。


しじみ習慣で肝臓を労わろう