肝臓に不可欠なタンパク質

5大栄養素の一つでもあるタンパク質ですが血液、筋肉、骨、皮膚を作るのに重要な栄養素です。当然、そこには内臓も含まれておりタンパク質が不足しつづければ内臓である肝臓の機能は低下することになります

酵素やホルモン、免疫物質などタンパク質は様々な元になっています。肝臓は2000以上の酵素作用で動いており、破壊された肝細胞の修復、再生にもタンパク質が必要です。タンパク質は肝臓にとってももちろん重要な栄養素なのです。

ウィルスなどで障害を受けた肝臓がその修復にタンパク質をはじめビタミンや糖分など必要な事もありますがそのウィルス退治にも欠かせない白血球や免疫物質もタンパク質が必要です。5大栄養素と言われるだけあって様々な場面でタンパク質は必要とされています。

タンパク質は沢山のアミノ酸が結合したもので体内に入ったタンパク質は胃腸でアミノ酸に分解され肝臓で体を作るタンパク質に組み替えています。毎日少しずつ分解され新しく入れ変わっておりタンパク質が不足すると筋肉や臓器のタンパク質が利用されますので毎日しっかりタンパク質を補給し必要量を摂取しなければなりません。

動物性タンパク質と植物性タンパク質

植物性の食品からも動物性の食品からもタンパク質は取ることが出来ます。そしてタンパク質だけを見れば人間の体を作るのに適しているのは肉や魚、牛乳や卵といった動物性タンパク質です。動物性タンパク質のほうが効率よく体を作ることが出来るのです。

しかし、動物性タンパク質には例外なく脂質が多く、摂取しすぎると別の問題も発生してしまいます。そこで効率よく動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方から摂取することが望ましいのです。

食品の中のタンパク質

タンパク質の重要性は十分ご理解頂けたと思います。そこで動物性タンパク質 植物性タンパク質をどれだけとれば良いのか?健康な成人は毎日60〜80g取ることが推奨されています。また、肝硬変患者など肝臓病患者の場合には体重1kgあたり1.0〜1.5gのタンパク質を取ることが推奨されています。

様々な食品にはどれだけのタンパク質が含まれているのかを例を挙げて紹介します。一度に大量に摂取しても肝臓が上手く分解することが出来ませんので一日を通してバランスよく摂取するように心掛ける必要があります。


動物性食品(100g) 植物性食品(100g)
桜エビ 59 高野豆腐 49
本マグロ 26 きな粉 35
生ハム 24 いりごま 20
うなぎ(かば焼き) 23 アーモンド 18
鳥のささみ 23 納豆 16
豚ひれ肉 23 そば 14
豚もも肉 20 枝豆 11
鳥胸肉 19 とうもろこし 8
牛ひれ肉 19 絹ごし豆腐 5
さんま 18 おから 4
ほっけ 18 豆乳 3
ウィンナー 13


しじみ習慣で肝臓を労わろう