酒の肴が肝臓を助ける

美味しい料理に楽しい仲間、そこにお酒が入れば最高に楽しいひと時を迎えられます。そのお酒のつまみを上手に取り入れることで肝臓の負担を軽減させることが出来るのです。酒を飲むならつまみもしっかり考えておきましょう!

よく、「お酒は太らない!つまみを取ることで太る」と聞き、つまみ類を敬遠してアルコールのみを摂取するという人もいますが、肝臓を痛める結果につながるので要注意です。お酒はつまみも上手に利用して楽しく健康的に飲んでいきたいものです。ここでは肝臓に役立つつまみの取り方を詳しく紹介していきたいと思います。

空きっ腹でのアルコール

空きっ腹で飲むお酒は体に染みわたるような感覚がありある種、たまらない感じがあります。胃が何かを待機している状態でお酒が入るのですぐに吸収していくからそういった体感を得ることが出来るのです。要するにお酒の吸収スピードが速まるという訳です。

そうなれば肝臓はそのスピードのアルコールを分解しなければならない状況に置かれます。肝臓の負担は過大になっていくという事なのです。空きっ腹でのアルコールが酔いやすくなるのもその為です。アルコールが染み渡る間隔があるという事は体の中はそのような状況に置かれているという事を理解しておきましょう!空きっ腹のお酒は肝臓に負担をかけるのです!

つまみを取ることで間を置くことが出来る

つまみも無しにお酒だけで飲むと、どうしてもグラスを口元に持っていく事になります。そうなればアルコールはどんどん体の中に入っていきます。肝臓がアルコールを処理している真っ只中でさらに分解していないアルコールが追加されている状況です。

つまみを挟むことで箸休めならぬアルコール休めに自然になるのです。肝臓の負担軽減という点からみてもつまみを取りながらゆっくりお酒を飲めば肝臓も多少余裕をもってアルコールを分解することが出来ます。楽しくお酒を飲み続けるにはつまみもしっかりと取ったほうが良いのです。

肝臓の働きを助けるつまみ

つまみを取ることでアルコールにより胃の粘膜が傷つく事も含め胃の負担も軽減できるのですが、つまみの成分そのものに肝臓の働きを助けるタンパク質やビタミンなどが含まれているので時間的な間を置くこと以外にも肝臓にとってつまみは助けになります。

食べながら飲むことで肝臓の働きも良くなります。肝臓の血流が増えて肝臓がより一層働きやすくなるのです。当然、肝臓が働きやすくなればアルコール分解も進むため肝臓の働きを結果的に助けることにつながるのです。お酒を飲むならつまみは必須のアイテムです。もちろん楽しい席にするためにも!


しじみ習慣で肝臓を労わろう