お酒はやっぱり楽しい!

私はもしかしたら軽いアルコール依存症なのかもしれません。飲まなければ体に何か支障をきたす訳ではありませんが、楽しいお酒の席を断ることが出来ません

飲み会など楽しい場所に誘われればはしごだろうと、寝不足だろうと参加してしまいます。体に悪い事は十分理解はしているのですが・・・。お酒を囲んだ気の知れる仲間、好意を寄せている異性との会話は盛り上がらないはずがありません

かなりの頻度で飲み会をしている私の体は相当負担がかかっていると思います。それでも辞められないのが楽しいお酒なのです。

仕事柄飲まなくてはならない人

私の親しい人にはホストやキャバ嬢といった夜の職業の友人が数多くいます。この人たちは半強制的に飲むことを要求されているのです。飲めば飲むほどボトルをお客さんに卸してもらい、売り上げに貢献して給料に反映されるのですから飲むことが仕事といっても過言ではありません。

多少無理して飲むことも少なくないでしょう。思うように休肝日を作ることも難しいかもしれません。適量とは言えない量を毎日のように飲んでいては体に負担がかかっている事は間違いありません。近場で見ていて酒好きの私から見ても大変な仕事だと思います。

付き合いも大事!

お酒に誘われた時に、付き合いという面からも断ることが出来ない時が多々あります。上司はもちろん、同僚などにせっかく誘ってもらったのに断るなんて、シラケてしまいます。

もちろん、本当に嫌なら断ります。しかし、そうでもなければ「ごめん!今日はちょっと・・・」なんて発言は寒くて言えません。会社や親友などコミュニケーションは大事ですし大事にしたいと思っています。

そのコミュニケーションに便利なのが飲みの席なのです。多少無理してでも付き合いたい私にはお酒は辞めたくてもやめることが出来ません