気づきにくい病気、肝機能障害とは

肝機能障害とは、何かの異常によって肝臓が障害を受けることで、正常に機能しなくなることをいいます。肝機能のやっかいな点は、「沈黙の臓器」や「サイレントキラー」などと呼ばれ、末期の病態にならないと自覚症状があらわれないということです。肝臓はもともと、不調があっても症状としてあらわれません。代表的な症状には、黄疸や腹水がありますが、肝機能障害の初期症状としては、熱っぽさやむくみや疲れのみ。なんとなく体調が悪い、ということで片づけることが多いといえます。

肝機能障害の危険性を判断できる検査、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ―GTPなどの数値が高い数値を記録していても、「毎年のことだから大丈夫だろう」と精密検査を受けない方が多いのはそのためです。

肝機能障害を引き起こす原因として考えられるのは、主に「アルコール」や「ウィルス」でしょう。アルコールを摂りすぎると、アルコール性の脂肪肝をおこします。さらに飲みすぎるとアルコール性の慢性肝炎になり、最後には肝硬変や、肝臓がんへと悪化してしまいます。

肝硬変になる前なら肝臓を元のような健康な状態に戻すことは十分に可能なので、検査の数値に少しでも異常があったら、アルコール摂取は控えることをおすすめします。ただし、アルコールを飲まない人でもなる「非アルコール性脂肪肝」というものもあります。食べ過ぎや運動不足により肝臓がフォアグラ状態になっていることをいいます。脂肪肝から悪化しにくいことは確かですが、およそ10%は肝硬変に進展する恐れがあることがわかっています。

ウィルス性の肝機能障害には、慢性肝炎や急性肝炎があります。一過性の急性肝炎で治ればほとんど問題はありませんが、C型肝炎ウィルスに感染すると7割くらいの人はキャリアを起こし、半分くらいの方は慢性肝炎を起こすようになります。しかし残りの半分くらいの方は、1年に1回の定期検診では正常値を出すこともあるため、気づきにくいのが特徴だといえるでしょう。

肝臓が機能障害に陥る原因とは

肝機能障害とは、肝臓が何らかの異常によってダメージを受け、機能低下に陥った状態のことをいいます。肝機能障害になると、今まで解毒されていたものができなくなり、体内に有害物質がいきわたってしまったり、ちょっとした切り傷の血が止まらなかったりと、体に不調が現れるようになります。少しでも負担がかかったと感じたら、すぐに回復のためのケアをしなければ、取り返しのつかないことになりかねません。

肝臓の機能低下の原因はいくつかありますが、日頃から気をつけられる原因としては「アルコールの過剰摂取」があげられます。アルコールが生みだすアセトアルデヒドによって肝細胞にダメージが与えられ、肝機能が低下していきます。アルコールの過剰摂取の場合は、今までの生活を振り返ってみると、心当たりがある方もいるはずです。毎日お酒をたくさん飲んでいる方は、肝機能検査の中では、γ―GTPという数値がアルコールの過剰摂取により上昇するので検査をすればすぐにわかるでしょう。一日の平均量がビール大瓶2本程度だと、上昇することが多いようです。

同じように、カロリーを過剰に摂取することにより肝機能が低下することも少なくはありません。食べ過ぎているのに運動をほとんどしない生活が続くと、肝臓に多量の脂肪が蓄積されてしまい、肝臓の機能が低下します。このような状態を、「脂肪肝」といいます。食べ過ぎるだけでなく、お酒の飲みすぎでも脂肪肝になることは多いです。

また、ウィルスや毒物が原因となり、肝臓に炎症が起き機能が低下する場合もあります。この場合は「肝炎」と呼ばれています。肝炎の8割ほどはA、B、C、D、E、Gの6つのタイプのウィルスによるものといわれており、特にB型とC型の肝炎になると、肝硬変や肝臓がんなどの重病に進行してしまうリスクが高いといわれています。一般的に肝炎というとウィルス性のものをさしますが、アルコールの過剰摂取やカロリーの過剰摂取から脂肪肝を経て肝炎になる方もいます。

肝機能障害の主な原因とは?

病気になっても症状がほとんど出ず、気づかないことが多い、肝機能障害。肝臓は丈夫な臓器とはいわれていますが、一度破壊された細胞はなかなか戻りません。なぜ肝機能障害は起きてしまうのでしょうか?原因はいろいろありますが、よく指摘されるのが、アルコールの摂りすぎです。

アルコールをよく飲む方は、休肝日を設けましょう、とよく言いますが、肝臓とアルコールには深い関わりがあることは多くの方がご存じでしょう。肝臓の働きは多岐にわたりますが、アルコール分解も肝臓の大きな仕事のひとつです。アルコールを飲むと、肝臓で分解され、吸収され、中性脂肪などに変えられて体の隅々まで届けられます。不要な部分は、水やガスとなって体外へ排出されます。

肝臓が正常な働きができるのは、個人差はありますが、男性は1日40g、女性は1日20gといわれています。これ以上のお酒を毎日飲み続けることで、肝臓の働きは徐々に鈍っていくのです。処理しきれずに生成された中性脂肪は肝臓内にたまるようになり、肝臓の30%以上の細胞に脂肪がたまると、脂肪肝となります。脂肪肝になった肝臓では、血流障害が発生することで、細胞が壊死し、肝機能がさらに低下してしまいます。そのことから肝臓には重篤な症状が現れはじめ、肝炎や肝硬変へと悪化していってしまうのです。

重篤な病気になってから初めて気づくことが多いので、アルコールの摂取量が普段から多い方は休肝日をとるようにし、定期的に検査を受けましょう。アルコール性肝障害の初期段階でしたら、生活習慣を変えるだけで、肝臓を正常な状態に戻すことは可能です。

また、肝機能障害の大部分は、ウィルス肝炎によるものです。特に、B型肝炎とC型肝炎が最も多く、その一部は慢性肝炎となり、そのまま進行すると肝硬変になり、そして最終的に肝臓がんへと悪化していきます。
肝機能の検査を受けるときには、ウィルス肝炎かどうか、ウィルス肝炎の種類は何か、肝細胞の破壊がどれだけ進んでいるのか、慢性化しているかどうか、肝硬変になっていないかどうかなどを調べます。

かゆみ、むくみなども肝機能障害の症状かも!

肝機能障害の症状には、黄疸や腹水などがあげられますが、これらは肝機能障害の病態がかなり悪化したときの症状です。「肝臓は沈黙の臓器」といわれているほどに、肝機能障害になっているからといって実感できる症状はほとんど引き起こされません。しかし、肝機能障害が疑われる症状はいくつかあげられます。もちろん他の病気である可能性もあるので検査が必要ですが、アルコールをよく飲む方は知っておくと役立つでしょう。

肝臓に異常があった場合、βエンドルフィンという快楽脳内モルヒネが大量に分泌されるようになります。そのストレスから体が身を守ろうとしたときに発生するのが、かゆみです。かゆみを伝える神経にはβエンドルフィンを受け取る構造があるため、体に異変があるとかゆみとして症状に現れるのです。全身にかゆみがあらわれるほか、手の平や足の裏に特にかゆみを感じるようになります。そのようなかゆみが一ヶ月以上続いた場合、肝機能障害の恐れがあります。赤みや湿疹など、皮膚に異常がないのが特徴です。

また、疲労感を感じ常に眠気に襲われるようになるのも、肝機能障害の症状の一種。午後や夜だけでなく朝から疲れを感じるようになるのは、肝機能障害のため体内の疲労物質が完全に取り除かれていないため、次の日にも疲れを持ちこしてしまうのです。執拗な眠気に襲われるのに、夜は十分に眠ることができず、恐れしい夢を見て目をさますこともあります。

ほかにも、足が重くてだるい、むくんでいる、気分が常に優れない上肩や首がよく凝る、イライラして怒りやすくなる、記憶力が低下する、手のひらが黄色くなる、ものごとに対して悲観的な考えになってしまう、体温調整機能の低下のため寒がりかつ暑がりなど、小さな変化は体に現れています。気になる症状があった場合は、医師に相談し、肝機能障害を診断するための検査を受けましょう。アルコールの飲み方や食事など、生活習慣の乱れを正すだけでも、改善は見込めます。

肝機能障害の初期症状とは

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているほど、病態が進んでいたとしても症状を実感できない臓器だといわれています。ほんの少しだけでも症状は感じることはできるのでしょうか?できるのなら、初期症状が出ている段階で気づいておきたいものです。

しかし、軽度の肝機能障害の場合は、初期症状は全く出ないといっても過言ではありません。肝臓は、エネルギーの代謝や解毒作用など、体の中でもとても重要な役割を担っているため、万が一の異変が起きても対処できる「予機能」というものが備わっています。健康な人の体では、肝臓は3分の2程度の力しか出していないといわれているほどなのです。肝細胞が破壊され、肝臓が悲鳴をあげていたとしても、残りの健康な細胞が変わりなく機能を維持させているため、肝機能が軽度の場合は症状として現れることはないのです。

また、肝臓は比較的大きな臓器で、痛みを感じる知覚神経がないことも、初期症状の出にくさに拍車をかけています。肝機能障害が進行し、肝硬変や肝臓がんになった場合でも、風邪の症状と変わらないようなケースもあります。考えられる初期症状としては、食欲不振、体重減少、全身の倦怠感、疲れやすさなどがあげられます。慢性的に疲れているような状態では、肝機能障害を疑うといいでしょう。

さらに発展すると、腹水、腹痛、黄疸などが現れ始めます。しかし、これらが現れているのは、かなり病態が進行しているということなので、「初期症状」とは言い難く、重篤な症状といえるでしょう。ただし、肝臓がんの初期症状としては、すでに肝炎ウィルスに感染していることがわかっている場合は、ちょっとした変化にも敏感になれる可能性が高いです。ほとんどの肝臓がんは肝炎ウィルスによる慢性肝炎や肝硬変が前段階として起こるため、それらを発症していることがわかれば、肝臓がんの可能性を常に意識することができるのです。どちらにせよ、気づきにくいのは共通していること。定期的に検査を受けて、微妙な変化にも対応できるようにしましょう

肝臓の機能障害の主な症状

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれているほど、機能低下していたとしても症状として現れにくい臓器です。肝硬変まで進行しても症状を感じない方もいるほどなので、初期段階で症状を感じる人はほとんどいないといっても過言ではありません。しかし、お酒をよく飲む方などは、少しの不調に気づければ、「もしかして」と思い当たることもあるかもしれません。肝機能障害になったときの症状について知っておくと役立つでしょう。

肝機能障害には、「脂肪肝」や「肝炎」などがありますが、さらに病態が進行した肝硬変や肝がんになれば、初期症状を感じることはよくあります。ただし、自覚症状があるほどまで進行するのは、すでに危険な状態ということ。初期症状の段階で気づくか、お酒をよく飲む方や暴飲暴食をしがちな方などは、こまめに検査を受けておくようにしましょう。肝機能障害が悪化していくと、取り返しのつかない病気になってしまいますから、初期症状が出ている段階で適切な治療を受け、改善していきましょう

肝硬変や肝がんの初期症状は、体重減少、食欲不振、全身のだるさ、倦怠感、疲れやすさなどがあげられます。このような症状は、この病気特有のものではなく、例えば風邪などと同じ症状のため、区別がつきにくいといえるでしょう。病態がさらに悪化すると、腹水、黄疸などが出てきます。腹水と黄疸は、初期症状に比べると肝機能障害特有の症状ではありますが、こういった症状が出てくるということは、もうかなり進行してしまった状態なので、注意が必要です。

肝臓がんになり、がんが大きくなると、しこりを確認することができます。また、リンパ節、肺、副腎など、他の部位にも転移するので、他の症状も併発することがあります。しかしこの状態まで進行してしまうと末期だといってもいいでしょう。肝臓は沈黙の臓器です。障害があったとしても自覚障害はないことを知り、こまめに検査を受け、食生活の見直しなどを考えましょう。


しじみ習慣で肝臓を労わろう