肝機能低下の症状をチェックしよう

肝臓は「沈黙の臓器」と言われているだけあり、肝機能が低下しても、肝臓が痛むなど直接的な症状があらわれることはほとんどありません。しかし、肝臓以外の箇所に症状があらわれることがあります。例えば、黄疸は肝機能障害の最もよくある症状です。黄疸とは、血液中の色素であるビリルビンの濃度が非常に高くなったことが原因で、皮膚や白目部分が黄色く変色する症状です。皮膚にはかゆみが生じ、尿の色はしばしば濃くなります。

また、他にもこのような症状が出ていないかチェックしてみましょう。
・身体がだるい
・脱力感
・倦怠感
・眠気
・不眠
・体重減少
・食欲不振
・尿の色が白い
・尿の色が黄褐色
・急にお酒に弱くなる
・爪が白くなる
・乳首にしこり
・肌荒れ
・むくみ
・息切れ
・身体のかゆみ

このような症状が出たことで検査をし、肝機能低下に気づくことが多いのですが、最近では大人だけでなく、小児科でも脂肪肝と診断されることが増えているようです。そしてそれがアトピー性皮膚炎と関連していることもわかってきました。2001年にとある病院で実施された調査によると、肥満の無い子どものうち、健常児の約10%、アトピー性皮膚炎の子どもの約30%以上が脂肪肝でした。

ご家庭での食事の栄養が偏っており、魚よりも肉を中心に食べ、パン食、ファストフードなどの外食が多く、スナック菓子やチョコレートなどのお菓子をよく食べさせていたりすると、肥満でなくても脂肪肝になっている可能性があります。もともとアトピーでは、腹痛や下痢などの症状がなくても腸管粘膜に炎症やむくみが生じることがわかっています。子どもの場合、症状は顕著ではありませんが、アトピーの湿疹が出たら検査を受けると間違いないでしょう。また、アトピーでなくても微熱が1ヶ月ほど続いて検査を受けた際に、肝機能障害だとわかることもあります。さらに悪化すると、黄疸が出る、元気がなくなる、哺乳力が低下するなど、他の症状を伴うのが一般的です。

肝機能が低下している!?その原因とは

アルコールの過度な摂取や、過度な疲労などは肝臓に大きな負担を与えてしまうものですが、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、負担がかかっているからといってすぐに悲鳴をあげることはありません。知らず知らずのうちに肝臓に負担を与えてしまい、肝機能低下を招いてしまうのです。しかしその原因は何なのでしょうか?

まずあげられるのが、アルコール摂取です。アルコールをとりすぎてしまうと、浄化作業が間に合わず、肝臓に大きな負担をかけてしまうのです。そのため、数日の休肝日を設けたところで、「肝臓をいたわっている」と勘違いしてしまう方も多いのですが、実はアルコールだけが肝機能低下の原因ではありません

他に考えられるのが、暴飲暴食です。脂分の多い外食を毎日のようにしていたり、食べる量を一気に増やしてしまったりすると、体内に入ってきた脂肪などがエネルギーとして消化されずにどんどん肝臓に蓄積してしまう恐れがあります。このような生活が続けば肝臓への負担からやがて脂肪肝になり、機能低下を引き起こすようになるのです。お酒を飲めないストレスからヤケ食いをしてしまっては、肝臓をいたわっているとは決していえませんよね。

しかし、少量に抑えておけばいいというわけでもなく、食べるものにも気をつけなければなりません。ファストフードやコンビニ弁当などには、食品添加物や防腐剤が含まれており、肝臓は身体に決していいとはいえないそれらを解毒するために働きます。そのため、毎日のようにファストフードやコンビニ弁当を食べていると、肝臓に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

また、女性が特に気をつけなければならないのが便秘。便秘になるということは、腸内に本来排出されるべき有毒物質が腸内に溜まってしまうということで、溜まった便は徐々に腐敗し有毒なガスを発生させるようになります。このガスは血液に混ざって身体のあらゆる所に送られるため、当然肝臓にも送られてしまいます。その結果、肝臓に負担をかけ、肝機能低下を招いてしまうのです。

肝機能低下するとどんな病気になる?

定期検診により、肝機能が低下しているといった結果を受けることがあります。大抵の場合、食生活を見直したり、アルコール摂取を控えたりするだけでも改善するのですが、そのままの状態を放置し、さらに肝臓に負担をかけるような生活を送っていると、肝機能障害を起こすことがあります

肝機能が低下し、一般的にまず引き起こされるといわれているのが、脂肪肝です。食事で摂った食事は小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られますが、糖分や糖質の摂りすぎや、アルコールを飲み過ぎてしまうと中性脂肪が肝臓に溜まります。この状態は肝臓の肥満ともいえる状態で、コレステロールがたまった脂肪肝は動脈硬化をはじめとするさまざまな生活習慣病を起こす恐れがあります。食事療法などにより改善することはできますが、放っておくと症状は悪化。

アルコール性肝炎は、長居間脂肪肝の状態が続くと起こるといわれている肝機能障害です。アルコール性肝炎になると肝細胞が破壊されて炎症が起こるため、全身の倦怠感や黄疸、発熱、吐き気などの症状を伴います。禁酒することで改善は見込めますが、そのままお酒を飲み続けていると肝硬変へ悪化してしまいます。肝硬変とは、肝臓が小さく硬くなってしまう病気のこと。肝硬変になってしまうと肝臓は正常に働かなくなり、肝臓の機能は失われていきます。

肝硬変になるとむくみや腹水を生じることが多々あります。ここでようやく肝機能障害に気づくこともありますので、気になる症状が出た場合は早めに検査を受けるようにしましょう。肝硬変になると、肝臓がんを生じやすくなります。しかし、肝臓がんになってもほとんど自覚症状はないといわれているので大変恐ろしいといえるでしょう。肝臓がんを早期発見するためにも、アルコールをよく飲む人、生活が不規則な方は早めに検査を受けるようにしましょう。定期的な検査を受け、肝臓へのダメージを軽減するためにも、生活習慣を見直す必要があります。

肝機能の数値を改善するためには?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、何かしらの症状が出た頃には大病が進行していた、ということもよくあることです。そのため、定期的に肝機能に関係する検査を受け、数値を確かめておく必要があります。
肝機能に関わる数値には、GOT【AST】GPT【ALT】γ―GTPなどがあり、これらの数値が高ければ高いほど肝臓に負担がかかっているということになります。大病にかかってしまう前に、肝機能の数値を改善するよう心がけましょう。
少しでも数値が上がっていたら、食生活やアルコールの習慣を見直す必要があります。肝臓に負担がかからないような生活を心がけて、働きすぎの肝臓を休めてあげるのです。一番の改善法は、アルコールを控えることでしょう。肝機能に関する数値が高くなっている場合、それまで毎日のようにアルコールを摂取していたということはないでしょうか。コップ1杯程度のビールなら適量といえますが、何杯も飲む方はすぐに量を減らしましょう。できれば、しばらくアルコールを控えることをおすすめします。

また、脂肪分の多い食事をとらない期間を作ることも大切です。脂肪分が多い食事では肝臓は働きづめになってしまい、働きつかれた肝臓は、人間と同じように疲れはててしまうのです。炭水化物やタンパク質も摂りすぎないように気をつけ、野菜をたっぷりと食べ、肉よりも魚中心の生活を心がけましょう。カロリーの計算も重要です。年齢や体重に合ったカロリーに抑えることも心がけるといいでしょう。

ダメージを受けた肝臓は、細胞膜の修復が間に合っていない状態で、代謝が落ちています。肝臓の細胞膜の40%程度がレシチンという物質でできているので、弱っている肝臓にレシチンを補ってあげることで、働きを高められる可能性があります

食生活やアルコールの見直しを行い、さらにレシチンをプラスしてあげることでより肝臓への負担を軽くできるでしょう。レシチンは、サプリメントとして販売もされていますし、大豆にたっぷりと含まれています。

肝機能低下の治療方法とは

肝機能が低下したまま放置していると、肝機能はさらに低下して、肝炎や肝硬変へと悪化してしまう恐れがあります。そうなったら改善することは難しくなるため、肝臓に関する検査などで肝機能が低下していることがわかったら、治療をして改善していきましょう。肝機能が低下しても、ライフスタイルを見直せば十分に改善することが可能です。

診断により、原因がアルコールの過度な摂取だとわかればアルコールの摂取量を減らすか禁酒をすることが必要ですし、肥満が原因ならカロリーコントロールをしてダイエットを心がけましょう。適度な運動は、治療効果を高めるといわれています。

食事療法では、まずは肝臓に負担をかけないための食事を心がけます
破壊された肝細胞の修復に使われる栄養素や、肝臓に良いとされている栄養素を積極的にとるようにしましょう。以下が、肝機能低下時に積極的にとってきたい栄養素です。

・アラニン
・オルニチン
・タウリン
・スルフォラファン
・セサミン
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンB

肝機能を低下させてしまう物質としては、「脂質」があげられます。脂質を制限した食事をとるようにしましょう。また、鉄分の多い食品を控えることで肝機能が改善することもわかっています。鉄分が多い食事をする際には、タンニンが含まれているコーヒーやお茶と一緒にとると、鉄分の吸収を阻害してくれます。

減量をすることは肝機能回復に効果的だといわれていますが、肝機能を改善するためのダイエットはあくまでも肝臓を休めることが目的なので、たんぱく質が多い食品を用いたダイエットは肝臓が休まらないことがあるので、逆効果である場合もあります。

このように、場合によっては逆効果である場合もあるので、必ず医師の指示を仰ぎ行うようにしてください。軽い脂肪肝程度であれば、ライフスタイルを見直すだけで改善するといわれていますが、薬物性脂肪肝の場合は、原因となる薬物の使用を中止した上で食事療法などを行うようにしましょう。

肝機能低下と言われたら?改善方法まとめ

検査などから「肝機能が低下している」とお医者様に言われることがある人も少なくないと思います。そんなときに、自分でできる改善方法をいくつかご紹介しましょう。まずは、規則正しい生活習慣を心がけることが大切。特に、食生活のリズムには気をつけましょう。避けたいことが、朝食を抜いてしまうことです。一人暮らしの方や多忙な方はやりがちですが、何か少しだけでも口に入れるようにしましょう。

また、自分の体重や年齢に見合ったカロリーを計算し、1日に摂取するカロリーを守ることが重要になります。エネルギーの摂りすぎは肝臓に負担をかけるだけでなく、肥満や脂肪肝を招きかねません。肝機能をサポートするといわれている良質なたんぱく質でも、摂りすぎはカロリーオーバーとなり逆効果。限られたエネルギーの中で、栄養バランスよく食事をとりましょう

適度な運動や、質の高い睡眠も大切です。起きている時間が長ければ長いほど肝臓はエネルギーを消耗し、活動のあとに発生した老廃物を処理するのも肝臓の役目になります。そのため、夜更かしをしてしまうと肝臓に負担がかかりやすく、自律神経のバランスを崩してしまうことがまた肝臓の負担につながります。質の良い睡眠をとるためには、毎日なるべく決まった時間に眠るようにし、硬いベッドを使用しましょう。寝室に炭を置くのもいい方法だといわれています。炭は、睡眠を妨げる電磁波を遠ざけ、家庭内の磁場を良くするといわれているのです。

また、運動不足も肝臓に負担をかけます。運動をせず、摂取した栄養が蓄積してしまうことや、筋肉を動かさないことで血流が悪くなり、汚れた血液が体に留まってしまうことで、肝臓はその処理に追われてしまうこととなるのです。過度のストレスもまた、肝臓には悪影響。ストレスは交感神経を緊張させ、内臓の血液量を減少させます。そしてなにより、アルコールを摂りすぎないことが大切。アルコールが原因で肝臓障害に陥る方が多いので、健康診断で数値が少しでも上昇していたら、断酒することをおすすめします。


私が愛用している酒飲みのサプリしじみ習慣